この記事ではIQOS(アイコス) 2.4 Plus ポケットチャージャーを分解して直したのでちょっとした写真と説明を紹介していきます。

私は2017年5月頃からIQOSに乗り換えたのですが、最近なんか調子が悪くてホルダーの充電が上手くできない状況が続いてました。
IQOS公式サイトで診断をしたら、保証期間が切れてるので再購入してください的な診断結果が。。。そんなの診断結果か?!と言いたくなりますね。

「今回IQOSの症状」
1.ポケットチャージャーの充電は満タンなのに、ホルダーの充電途中でポケットチャージャーLED部が赤く点滅。

2.フタを開けてホルダーを出してみると、LED部が赤く点灯して充電されてない。

3.たまに通常通り充電される場合もある。

ちなみに、他のポケットチャージャーではホルダーは問題なく充電されたのでポケットチャージャーが犯人でした。

まず、色々ネットで調べて試してみましたが、まったく駄目でした。
一応試してみたのは、
1.Qボタン+電源ボタン同時に押してリセット
2.ポケットチャージャーとホルダーの掃除
3.接触不良の可能性があるのでホルダー下部にある端子の汚れをふき取る
でした。

「ポケットチャージャーLED部が赤く点滅、ホルダーLED部が赤く点灯して充電されない」の病症から、
3.接触不良の可能性が一番高かったのですが、掃除してもだめ。。。

いよいよ昨日からまったく充電されなくなる状況に。。。
イライラしてきたのでとりあえず分解してみたら、なんと原因がわかっちゃったのです!!!!!
答えは写真の中にあります。詳しくは写真を見ながら説明しますね。

ポケットチャージャーの分解手順は他のサイトを参考してください。
※分解は自己責任でお願いします。


上記写真の基板は分解したホルダー下部にある端子部分ですが、よく見ると小さいスプリングが端子の中に見えます。それが変な形になってる!(左は拡大写真)
充電不良はこいつのせいだったのか!
原因は「端子の中にあるはずのスプリングが機能しなくなって、接触不良で充電できなかったのでした!」

では、早速ゴニョゴニョ本番作業です。(老眼鏡必要!笑)


そのスプリングをゆっくり引っこ抜いたら、こんな感じに取れました。


さっき取れたスプリングを変形してる部分が下になるようにして、さっきの穴に戻します。するとこんな感じに元通り!!!(左は拡大写真)
これで無事に充電不良が直りました〜あ〜すっきり!!

分解してる時にポロッと、どこにあったものなの〜と一瞬焦りましたが、
これは下記の写真の場所でした!

ちなみに、IQOS(アイコス) タバコがうまく刺さらない時はこちらの記事を!

IQOS(アイコス) タバコがうまく刺さらない!これで解決した!!